カルアミルクの流儀

カルアミルクをわかりやすくする日記

ウマ娘で微妙に知られていないこと

www.youtube.com

 

見ていただければわかるように(一分の動画なので見てみてください)

G2とG3で勝利した時のPTや能力値の上昇って全く変わらないのです。

んでもって、G1とG2,3ってそこまで大きく変わらないのです。

(もちろんファン数が大きく違います)

 

なので体力が余っている・コツがない、友情タッグもない

そんな時はG3だろうがレースに出てPT稼ぎしたほうが、

特殊能力がつけられてレースに勝てるウマ娘ができあがります。

 

上記のような明確にレースに出たほうがいい局面は結構あるのですが、

微妙な場合(友情タッグが一人とか、不得意練習だけど3人重なったときとか)

にどう動けばいいのか、これは要検証です。

レースに出た時の体力消費量に対するステやPT上昇寮の期待値を計算すれば

練習の時と比較ができるので、また今度計算します。

次のブログのネタにしましょう。

 

最近の自分の育成では最低20戦、できれば23戦くらい

レースに出して、特殊能力もりもりのウマ娘を作っています。

タッグが重なったときに絶対取り逃さない体力管理が求められるので

おもしろいですよ。

 

転職を真剣に考える

さっきまで職務経歴書を纏めていました。

 

私は昨年の1月にも転職を思い立ったこともあり、

書類等を1から作り直す必要がなく、作成が少し楽でした。

 

でも、あの頃の職務経歴書を読み直すと、

環境も転職に対する真剣度も違っていることに気づきます。

 

あの頃はなんとなく会社に不満で、それならもっと給料がいいところに行きたい、

といった思いが原動力でした。あと異動が目前に迫っており、住み心地のいい関東から飛ばされるのが嫌でした。

「九州」や「中国地方」なんかに飛ばされたらたまったもんじゃない、という思いがありました。

(地域の方、ごめんなさい、私は宮崎出身なので許してヒヤシンス)

 

でも結局、「なんとなく不満」程度だったので転職活動も長続きしませんでした。

その後職場環境が多少改善されたことや、異動はしたものの住んでいる場所が変わらなかったので、不満ゲージが下がり、転職活動がどうでもよくなっていました。

 

でも、現在は本気で転職を考えております。

異動先で任された仕事、当初は係長代理の仕事でしたが、結局現場管理になってしまいました。

 

現場管理、、、

せっかく4月付で昇格したのに、社会人一年目と仕事内容が変わりません。

そのうえ、現場のおっちゃんがパワハラマンなうえ、頭がおかしい、精神が削られます。

昇格したのに給料もほとんど増えていません。(残業はべらぼうに増えた)

仕事内容も20年前から変わっておらず、時代に取り残されている気がします。

 

そんなわけで不満が噴出し、強い思いで転職活動をこれから真剣に行っていきます。

 

 

といった話を、親や信頼できる同僚、先輩に相談したところ、

 

「じゃ、お前はどういった仕事をしたいのだ」

 

と返ってきました。

 

正直、わからないのが現状です。

 

私は社会人になって工場の中で現場管理の仕事しかしたことがないので

ほかにどういった仕事があるのかわからないのです。

 

でも、だからこそ、転職を考えないといけないのです。

ほかの世界を知るためには、そこに飛び込んでみないとわからないからです。

 

経験してみて、

「前の会社のほうがよかったな」とか

「俺ってこの仕事向いてないんだな」とか

 

マイナスな結果になろうとも、それはそれで

自分を知るための大きな前進だと思えば安いものです。

 

だらだら行ってもいい結果にならないと思うので、

8月末に退職できるよう、これから頑張ります。

 

ニコ生の皆さん、いろんな話を聞かせてください!よろしく!(笑)

 

 

ハムスターに飼われる

 

ハムちゃん(名前はまだない)を飼って5日が経つ。

 

 

f:id:kaluahmirk:20210304221420j:plain

ペットショップの店員からもネットの情報からも

「一週間はかまうな。驚かせるようなことはするな。一週間ほどで環境に慣れる。」

という話があった。

 

自分はワンルームの部屋に住んでいるので、

強制的にハムちゃんと同じ部屋で過ごすことになる。

 

会社から帰宅後、驚かせないように、なるべく音を立てずに生活する。

そのせいで今週はいろんな本を読んだ。

阿Q正伝論語、大人の流儀、ファクトフルネス。

 

生活音を立てないのはけっこう気を遣う。

どっちが飼われているのかわかりゃしない。

 

「おまえさ、ご主人様がこれだけ気を遣ってやってんだ。

 少しはありがたがるものだよ」

 

と言ってやりたいが、驚かせないように声を出さない。

 

 

4日目のこと、水を替えてるときにハムちゃんから寄って来る。

そして噛みつく。

 

「ばかもの、血が出るほど嚙むんじゃないよ。」

 

言ってやりたいが、驚かせないように声を出さない。

 

今日もエサ替えで寄ってくる。

噛みつく。

ためしにエサを手のひらに載せてみる。

手に乗る。エサもとる。ついでに手も噛む。

 

ばかものが。

相反する二つの感情

 

「やってみたい!」けど「めんどくさい」だとか

「おもしろそう!」けど「つまんなかったら時間を無駄にしてしまう」だとか

「うまくなりたい!」けど「具体的に何から始めていいのかわからない。正しい方法がわからない」だとか

 

自分って何かを新しいことを始めるときは相反する二つの感情が戦います。

戦いは3日くらい脳内で行われ、プラスの感情が勝利すると

「やってみるか!」となって実行します。

負けると

「別にいいや」となって忘却されます。

 

そんな感じで24年生きてきたと思うのですが

ふと今日思いました。

「俺、戦績9割負け越してね?」

 

そうなんです。

結構腰が重いんです。

 

結局この夏ずっと行きたがってた海どころかプールにもいかなかったし…

 

時間はあったはずなのに「海よりもすべきことがある!」とか無意識にやっていたのでしょう。

 

ほかにもほかにも って思い返すと

 

アッー!

 

ってなりました!

 

こりゃいかん今後は有言実行かつ時間まで指定することで

解決していきたいと思います。

 

いまいまやりたいことといえば

 

ゴルフでスコア100切ることです!

 

パッティングさえ伸びれば行けるはずなんです!!!!!

 

・・・。

 

うーんyoutubeでも見て勉強するかなあ

カルア ブルーです。

カルア ブルーです。

 

今週の頭からブルーです。

 

と いうのも

 

明日、あさって、しあさって 飲み会なのです。

 

いやー。

痛いです。

 

飲み会で自分のマイタイムがつぶれるのも痛いですが、

 

なにより財布が痛いです。

 

1回6000円だとすると

 

3日で18000円  どひゃー!ってなります!

 

18000円あれば

 

 

4000円で高い高い言ってるクソゲー吉野家」が4本買えちゃいます。

プチ旅行(東北・北海道行きたい!)だって行けちゃいます。

今年絶対に行きたい富士急とかの資金足しもできます。

ほしかったランニングシューズとかギターエフェクターとかも買えるんです!

 

と考えると、2時間足らずで終わってしまうし

記憶が半分くらいなくなる(←それはお前が悪い)し

上司のグラスの空き具合を常にチェックしないといけないしで

 

なんか飲み会って割高な気がするんです。嫌いです。

 

特に一番下の

部下がグラスの空き具合をチェックする意味不明な文化

これが心底嫌いです。

うちの会社はグラスが空いたことに気づかなくてもそんなにうるさいこと言われないのでまだましですが・・・

 

2人くらいならまだしも 10人くらいで飲み会参加されると

ひたすらグラスの空きを見るマシーンと化します。

 

もはや仕事です。

残業代をいただかないといけないです。

そういうわけで、「俺が上司になったら絶対部下にやらせず自分で注文する!」

という大いなる夢を持っています!!!

 

 

でも・・・

 最初から行きたくないなーって思ってしまうと

 

自分の性格上、ずっとブルーになっちゃって

感情が上を向かないんですよ。

 

飲み会という社会人には逃れられないイベントに対して

いちいちブルーになってテンションを下げるのも

なんだか ばからしいなーって

昨日寝る前に思いました。

 

そういうわけで

今日はハツラツと!

今日一日だけを 精一杯 生きていこうと思います。

 

今日、今日だけがんばるんだっ。

今日をがんばった者、今日をがんばり始めた者にのみ、明日が来るんだよ。

 

それでも

 

飲み会文化は

ぶっこわす!!

 

明日相席居酒屋いくよ!!!!

 

明日相席居酒屋行くよ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

!!!!!!!!!!!

 

 

!!!!!!

 

 

!!!

 

 

 

 

うん、わかってるよ。

 

鹿島(茨城県)の相席居酒屋なんてね。

 

オフゼロ!もしくは30代、下手すりゃ40代しかいませんよ。

 

 

 

 

ここで相席居酒屋ってなんぞ、って人に紹介します。

 

相席居酒屋ってのは

完全に出会い目的で作られた居酒屋です。

見ず知らずの男性・女性が強制マッチングされる居酒屋です。

 

ただそんなんじゃみんな店に来づらいから

 

女性は無料で飲み食いできる ってのが特徴なんです。

これなら女性は来やすい、女性が来ると男性も来やすいですね。

 

女性が無料な分、男性が余分にお金を払うってシステムなんですが、

(30分で2000円弱、けっこう苦しい)

 

 

もし、もしですよ

 

相席居酒屋におばちゃんしかいなかったら

 

 

わし、おばちゃんに奢ることになるんです。

 

 

これ、オフゼロよりよっぽどたちが悪いです。

年上好きなぼくでも30以上はちょっと…

恋愛対象じゃない相手に奢るなんて、何が悲しくてやらんといかんのか。

 

しかもド田舎鹿島だと割とマジで20代いないなんてありえます。

ハイリスク ローリターンもいいところです。

 

じゃあ なんでお前そんなところに行くんだよっ て話ですが、

 

 

f:id:kaluahmirk:20190606212707j:plain

 

はい、これが理由です。 わしは手段を選べる身分じゃないからです。

 

運命の恋をかなえるにはなによりも行動です。

 

もし、もしですよ

行けば運命の恋が成就するかもしれないのですよ。

じゃあ行く以外の選択肢はないですよね?

 

万札消える上にむなしい思いをする可能性が高くても

 

行くしかないのですよね!?

 

 

というわけで運命の恋の相手が現れる前提で話を進めます。

 

まずは何を話すかです。

 

初めに自己紹介ですが、ここが勝負です。

 

というのも、

鹿島は工業地帯なんで、土方の人が多いのです。

だから親の転勤がない、大卒も少ないってことで、

生まれも育ちも鹿島の人が多いのです。

鉄板の地元トークができません。

 

しかし、俺は!

兵庫→宮崎→横浜→鹿島!と渡り歩いています。

 

例えば、

「宮崎ってしっちょお? そのまんま東が知事になったとこなんやけど、

俺そこ出身やっちゃが」

 

とかいえば、少なからず興味を持ってくれるかもしれません!

(なお以前婚活で出身宮崎って言ったところ、宮崎ってどこ?って言われたことがあります。最低限の教養フィルターにもなってます)

 

あとは相手にしゃべらせることを意識したいですね。

相手7:自分3の割合くらいで話すのが女性受けがいいようです。

 

最近休日なにした?って聞いたとしても

 

相手に聞かれるまでは自分のことは話さないくらいを心がけます。

 

(しかもこれは自分だけが一方的に話すような女かどうかを見極めるフィルターになっているのだ!)

 

あとは場に応じて臨機応変に行きます!

 

今日はこんなところにしておこうかな?

 

結果はまたブログに書くね!

 

 

 

 

6/1 浜スタデート

 

先日、6/1に浜スタにデートにいきました。

 

相手は一個上の先輩、とはいえ自分は大学で一留してるから

同い年。

顔はかわいい…とは誰も言わないくらい。中の下ってとこ。

これまで二人で遊んだことが一度もなかったので、

性格はぼんやりとしかわからないくらい。

それでも阪神ファンってことは知ってました。

 

そもそもきっかけは4月中旬。

ひょんなことから取引先から浜スタのチケットを譲り受けまして、

しかもそれが

取引先「○○くん!この日は女性が入場するとユニフォームがもらえる日なんだ!

    せひとも女の子を誘ってくれ!」

ぼく 「やったあ!チャンスやん!」

ってなりました。

それで野球にちょっとでも理解があるその先輩を誘い、

OKをもらえた、ってのが経緯です。

(ちなみに横浜×ヤクルト戦)

 

それからいろんな計画を立てました。

せっかく横浜行くんだから中華街にも寄ろう、ってことで

食べ歩きのおいしい店とか観光地とか、そのためのルートとか。

また、車で鹿島(茨城県)から横浜まで約2時間なんで、車内で話すネタとか。

(阪神のチーム事情とか)

まあいろいろ練ったわけです。

毎日食べる納豆より練ってます。

 

また、デートの仕方を勉強もしました。

f:id:kaluahmirk:20190602183345j:plain

 

これは水野敬也先生のラブ理論からの引用でして、

 

女の子の優しい!はここしか見てない 

ってのをまとめたやつです。

 

同期のちゃんねーに事前に見せたところ、

「30と33はやりすぎだけど、

それ以外はできてないと心配になる」って言われたので、

結構大事らしいです。

 

こうして、綿密で最強なデートプランを作成し、

ぬかりなく、精密、完璧に当日を迎えたわけですよ。

 

まずはラブ理論50番、

「待ち合わせの場所には先についておく」

20分前に行って待ってたのですが、

 

来ない!

 

結局20分遅れできました。

 

「ごめんねー」って言われたので、

「ははっ、僕も今来たところですよ」って答えたのですが、

 

そんなわけあるかばかやろーーーー!!!

 

早速綿密で精密、完璧な計画が狂いました。

 

そして車内に入るや否や

「朝はいっつもテンション低いけど勘弁ね」

って言われたことで

 

さらにやる気がそがれ…

 

車内でいろんな話をしても

「ふーん」とか「そうなんだー」とか

 

壁と話してる感じしかしなかった!

 

いいやしょうがない、中華街で挽回するかってなって、

中華街でまず小籠包食べたのですが、

 

「もうおなかいっぱいやわ」

 

 

んえええええええええええ!!!

 

ってなわけで完璧で綿密な中華街も終わりました。

 

一応中華街の観光地の関帝廟とか大世界とか回りましたが、

自分としてはやっぱりおいしいもの食べたかったわけで

おなかをすかせながら浜スタに向かいました。

 

こんな調子だったので

観戦もいまいち盛り上がらず、試合も一方的だったんで

あんまり話すこともなく、

気づけばゲームセット。

 

試合は勝ったけどデートは負けたわけです。

 

それからどこにもよらず帰宅。

帰りの車内ではほとんど会話はなかったです。

 

誘った以上は当日全部奢る!!!っていってたので

かかったお金は15000円くらい。

 

人に奢ることに抵抗がない自分でも

 

途中から「なんかもったいねー」とか考えるようになっちゃって

 

まあ悲しいデートでした。

多分相手も後輩から誘われて断れなくて来たとかそんなんだったんでしょう。

最初から最後までつまんなそうでしたもん。

 

いいんだ、女の子は星の数ほどいるんだ、

誰でもいいわけじゃない、運命の恋をかなえるのが目的なんだ、

今回勉強したことは次回に生きるよ。

 

運命の恋をかなえるカルアミルク、

次回にご期待!!